水原希子が「親友がほしい」と悩みを打ち明ける!ざっくばらんな性格に好感!

春の新ドラマ「心をポキッとね」に出演の水原希子が、4月8日のさんま司会のバラエティで

「親友って必要ですか?」と悩みを打ち明ける。

ドラマ共演者である阿部サダヲ、藤木直人も共に「親友と呼べる人はいない」と

言っていましたが、親友っていうと、普通の友達よりも信頼している友人というようなイメージですが、みなさんはどうですか?

 

スポンサードリンク


親友はいますか?

 

番組で水原希子さんは「親友ってどうしたらできます?わたしあんまり長続きしなくて」と打ち明けます。

芸能人でそこそこ人気があると、周りの見る目や同僚にはライバル心のようなものも、どうしてもできてしまうと思います。

水原希子さんも、今まで仲が良かった友人はいたが水原さんがモデルとして女優として人気が出てきたことによって、それを友人が僻むようになり、そこから距離をとるようになってしまったとのこと。

20120813235036a4f

それがショックだったと水原さんは言っていましたが、同じ業界だとそれも仕方ないのかなと思いました。

それにしても「親友は何人いますか?」「親友は必要ですか?」という質問の答えは少し難しいと思う。

芸能人になるとそれだけ多くの人から自分が「見られる」ことになる。

見られる仕事なのに、素の自分を見せることへの警戒心ももちろんあると思うのです。

そんな中で、相手を信用し自分の心の悩みや、誰にも言えない話を言えるような信用のできる友達がいることはそう簡単ではないように思います。

そして番組ではコメンテーターの方からの心理アドバイスで、親友と呼べる相手になる人には決まっている3つの要素があるというのだ。

①に自分もこうなりたいという理想の面がある相手であること

②に私もそうだよといういつでも同調してくれる相手であること

③に自分の成長を見守ってくれる鏡のような相手であること

なるほど。

確かに上記のような相手ならば、一緒にいて心地よい相手になりそうですね。

しかしそれは男女にも違いがあるようで、男性ならば女性とは逆にはじめは相手に「敵対心」があるほうが関係が以後うまくいくのだとか。

確かにスポーツなどで競い合っている男同志などは、不思議とライバル心と共に相手を「認める」気持ちも生まれ、いつの間にか誰よりも信用のできる相手になっていたりする。

それが女性の場合は逆のようで、ライバル心は親友にはないほうが関係がうまくいくようだ。

少し理解できるような気がしますと水原希子は同調していました。

 

それから水原希子のような顔のルックスが美人なひとは、相手に威圧感を自然と与えてしまうため人間付き合いにおいては少し不利なのだとか。

確かにブサイクな人は簡単に目を合わせられるし、とくに話をしていて緊張はしないけど、美人が相手だとなんとなく照れ臭くなる。

ルックスがいいが故に、人間付き合いがうまくいかないというのはなんとなく悲しいことであるが、番組でみせる彼女のサバサバとした性格はとても好感がもてる。

今後のドラマなどでも活躍も楽しみですね。

今後公開の映画「進撃の巨人」への出演も決まっているし、間違いなく今後の注目の女優になると思います。

 

スポンサードリンク


 

 

運営者のつぶやき

おはようございます!

親友って響きがとても難しい問題ですねぇ〜。

でもよく女性のほうがわりと「私の親友が・・」と言ったり、

「わたしたち親友だよね?」と普通の友達以上の関係をハッキリしている場合が多いと思うんです。

逆に「親友なのに、なんで言ってくれなかったのよ!!」と逆上するパターンも…。

9fc1a325

こうなったら女同士は本当に面倒臭いんです。

私は個人的に、友達は広く、浅くなタイプなので、逆に友達のほうから「親友だよ」と言われると、

そうだったんだ、そう思ってたんだ、と逆に驚くことが多々有ります。

私の中では親友の定義はとくに決まってないのが難点で、

相手から「親友」と言われれば、あ、そうなのかもと思う癖があります。

そしてそれが付き合いが広いせいかいろいろな友人から言われると親友が何人もできたりとか。

だけど時々おもうんですが、親友って何人もいるものなのかな?

なんでも打ち明けることが親友なのか?ということ。

自分のことをなんでも話す人なんてこの世にいません。

自分だけが知っていればいいし、みんなの前ではただバカみたいに笑わせることだけを考えています。

でもそれでも自分が満たされていれば友達関係も良好。

一人好きだったとしても自分が満たされていれば、たまに電話する友達が一人いれば良好。

ようするにボーダーは自分が決めていいんです!!

 

Sponsored Links