災害時の避難対策グッズや防災保存食おすすめ!長期保管で人気!

北朝鮮のミサイルが年末に向けて

また発射されるのでは?と噂されています。

 

新型ICBMの火星15の発車実験に成功し

その威力はアメリカにまで届くと言われている

飛距離であると報道されていますが

今後の北朝鮮の動きに備えて日本でも対策をとっている人が多いそうです。

 

もしものために、今回は保存食や長期間保存できる非常食などをまとめます!

 

スポンサードリンク


 

北朝鮮ミサイルが本当に日本に飛んできたらできる対策は?

 

earthquake_hinan_10287-450x337

 

北朝鮮のミサイル開発と、発射実験はもうかれこれ何ヶ月も続いていますね。

ミサイル発射の対象区域が日本だったこともあり、恐怖の日々を過ごしていた人も多かったと思います。

 

韓国、アメリカと協力しながらなんとか北朝鮮の金正恩を説得しようと試みてきましたが、なかなか和解には行かず現在も現状はまったく変わっていません・・。

 

しかも国民が何より恐れているのは、北朝鮮ミサイル発射の合図を示す「Jアラーム」の騒音。

 

朝方にあの音を聞くだけでとても驚きますし、Jアラームが鳴ってから日本本土に到達まで10分くらいしか時間がありませんから、「逃げる」「避難する」と言っても、どこへ?と感じてしまうほどの短い時間。

 

地下のある場所へ・・とは言われていますが、日本全国どこにでも10分以内に到着できる安全な地下があるとは限りませんよね。

 

そんなとき、とりあえず安心なのは防犯対策グッズを家庭に1つ、自宅に装備しておくことです。

 

避難リュックには、以下のようなセットが大変売れていて、この中に最低限の安全確保ができるグッズが揃っています。

 

こちらの商品は防災セットで1番人気のもので、緊急時にこれだけをお父さんが持って、あとは嫁と子供を連れて逃げるには最強のセット内容です。

 

中に非常食も少し入っているので、家族みんなで数日はこれがあれば最低限の非常時の生活ができるものなので、家庭に1つ常備してあれば安心できますよね!

 

 

さらに、これにプラスして人気なのがこちらの保存食や、長期保管できる水です。

避難するときは、外に逃げることになるかもしれないし、家から出れず、食料が買えなくなる事態になることも想定されます。

 

地震の震災から日本人で家庭に1つ、押入れに保管している人が多いというのが以下のような10年くらい保管し飲むことができるミネラルウォーターです。

 

 

東日本大震災のときも、電気が使えなくなり、水も使えなくなった場所もあるので、やはりせめて水だけは保管しておくほうが安全ですよね。

上記の水は、安全で10年間飲むことができるものなので、大変人気があるそうです!

大きい2Lよりも、500mlのほうが少しずつ飲めるのでそこも人気のポイントかもしれません。

 

家族が多い人は、こちらの2Lのほうも購入されているみたいですよ!

 

 

さらに、災害時の防災食として、家庭のクローゼットなどで長期保管できる保存水、保存食なども売れているようです。

確かにこのセットが1つあれば、外でも家の中でも、電気も水もなくても当面は家族みんな生き残れそうですよね。

 

人は水分と、食料を少しでもとっていないと、数日で衰弱してしまう弱い生き物なので、本当に緊急時の災害にはこのようなものがあると安心かもしれません。

 

 

炊飯器や、電子レンジなどもちろんないケースがほとんどなので、食料としては以下のような米の保存食として缶詰が人気のようです。

 

なかでも、長期保管ができて、安全なのはこちらのようで今売れています!

なくなる前に、確保しておきましょう!

 

 

 

ざっと紹介しましたが、上記グッズのどれかでも家庭に1つ常備して、12月に起きるかもしれない北朝鮮ミサイルの対策に備えたいですね。

 

地震や自然災害もいつ起きるか分からない・・

 

東日本大震災がおこったときも、いつもの日常のなかで突然に起こりました。

 

普通に会社で仕事をしていて、「いつもより地震の揺れが長いなー」と思っていたら、突然起こった大地震。

 

余震が終わって、バスも電車もすべて走れなくなり、歩いて家まで着いて、家のものが崩壊しているのを見た人も大勢いたと思います。

 

さらに、自分の家に帰ることができなかった人。

幸い、家は無事でも、電気やガス、水道すべて使えず、真っ暗な部屋で夜を過ごした人も・・。

 

そんなときに我が家には、今回紹介した保存水や、缶詰などがあったので家族四人なんとか生活ができました。

 

避難所や施設も、寒さと食料が足りなくて、トイレも行けず大変だったと思います。

 

やはり、安心した毎日をただ過ごしているだけでは、本当の苦難は乗り越えられないので、大人が責任をもって自分たちの身を守るために、「備え」は絶対に必要なのだと思います。

 

北朝鮮ミサイルが早く解決できること、

日本に2度と大災害がおきないことを祈りましょう。

Sponsored Links