音花ゆりの今後の活動は?プロフや経歴!姉妹仲と実名も気になる!

女優の相武紗季さんの実の姉で、宝塚歌劇団だった音花ゆりさんが、5月10日を持って退団したと話題になっています!

相武紗季さんといえば、女優として可愛い役から、ちょっときつめの役などをこなすかなりの演技派の女優さんです。

浜崎あゆみとの破局後に、TOKIOの長瀬くんとの熱愛も発覚したりと、女優に恋に大忙しのかたです!

そんな相武さんの実のお姉さまが、まさか宝塚歌劇団にいたことを今回初めて知りました!

今回は、そんなお姉さまの音花ゆりさんについて調べつくしましたー!

気になる今後もありますしね!

 

スポンサードリンク


 

音花ゆりさんの経歴とプロフィール

otohana

音花ゆり

出身地:兵庫県

愛称:「ゆり」「ころ」「ポチ」

誕生日:12月16日

元宝塚歌劇団・星組娘役

母:宝塚OGの朱穂芽美

実妹はタレント・女優:相武紗季

 

音花ゆりさんは、宝塚だったお母さんに憧れて、小学校高学年くらいから既にから宝塚歌劇団に憧れていたようです。

お母さんをみて子は育つといいますから、親としてはとても嬉しいですよね。

 

そのころですと、相武さんはまだ小さいですから将来はどのように考えていたんでしょうか?

いずれにしても、姉妹で二人とも宝塚歌劇団への道と女優としての道を歩んでいますから、やはり演技の才能はあったんですね!!

血筋って恐ろしいです!!

12

1999年4月に音花ゆりさんは宝塚音楽学校へ入学されています。

 

そして2001年3月に宝塚歌劇団へ入団!!夢が一発で叶ったなんてすごいことですよね。

また、入団のときの成績は42人中で6位とかなりの好成績を残されています。

7573_s01

その年の2001年には「ベルサイユのばら」で初舞台を迎えていますし、とても優秀だったことがわかります。

また、演技以外で、音花ゆりさんは歌が大変上手だったようで、宝塚時代は演技よりも歌で起用されることが多かったみたいですね。

宝塚ってみんな歌が上手なのに、その中でも上手って凄いよな〜。

 

2006年には童謡CD『Quatre Saisons』のメンバーに選抜

同年のショー「ネオ・ダンディズム」にて初めてエトワールでソロ

2008年『スカーレット・ピンパーネル』

2009年『太王四神記』

2010年『BOLERO―ある愛―』

『TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)』の挿入歌「終章~Finale~」を担当

『Tribute to STUDIO GHIBLI』のCDでは、「愛は花、君はその種子」と「風のとおり道」をカバー

2010年「le sac des TAKARASIENNES(ル サック デ タカラジェンヌ)」のプロデュースメンバーに抜擢

2015年5月10日『黒豹の如く』/『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き -』で宝塚歌劇団を退団。

また、人柄もとてもみんなから愛される「可愛らしい性格」のようで、

愛称の「ポチ」や「ころ」からわかるように、ころころとしていて可愛い!と可愛がられていたようです。

宝塚というと、かっこいいイメージが強いのですがさすがは娘役のスターですね!

 

スポンサードリンク


 

姉妹仲と、実名は?

今回も、相武紗季さんのインスタグラムで投稿があったように、姉妹仲はとてもよくみえます!

そのツーショット写真からわかるように、姉妹で頬を寄せあったり、抱き合うツーショット写真がとても微笑ましいです。

1127802_300

コメントもとても暖かい妹からのメッセージで

「いつもいつも頑張ってた姉の背中を追ってきた私。これからも尊敬し続け、愛し続けます」

とあるように、実のお姉さんの音花ゆりさんを想っているのがとくわかりますね。

 

それだけ音花ゆりさんが相武さんにとっても、いいお姉さんだったということでしょうか!!

また、音花ゆりさんは実名を公表はしていません

宝塚ともなると、ネーミングが宝塚で決まってくると思うので今後の活動によってはタレント名を変える可能性もあります!

今後の音花ゆりさんの活動の方向は?

宝塚を引退後も、ディナーショーや、ファン会などを行っている宝塚OBのからは数多くいますが、

真矢みきさんのように女湯業へ転身するかたも多くいますよね!!

 

妹の相武さんとの姉妹共演などもぜひ見てみたいですし、女優業の可能性が非常に高いと感じます。

しかし、宝塚時代の歌の実力もありますし、CDや歌手としての活動も期待できると思います。

 

これだけ綺麗で、演技もできて、歌もプロ以上ともなれば方向性はあらゆるところで開けてきますね!!

今後の活躍を期待してます!!

つぶやき

本当にすっごく綺麗なお姉さんですね。

宝塚歌劇団というと、入団後の厳しさでもとても有名ですが、
それに耐えて上に登っていったかたって素敵だなと感じます。

また「ころ」と呼ばれて可愛がられていたというのもとても素敵ですね。

わたしも小学生のときは「ころ」と友人から呼ばれていたんですよ。

でもそれは可愛かったから!というわけではなくて、
顔が犬みたいなのと、犬みたいに落ち着かないところからでしたね。泣

この差がなんとも悲しい。

Sponsored Links