ちゃんぽん食べたか1話ネタバレ!菅田将輝の演技の評判?過去出演作!

「ちゃんぽん食べたか」が5月30日に第1話が放送されましたね!

昭和の数々の名曲を作り出したシンガー・ソングライターとして有名な

さだまさしさんの自伝的小説をドラマ化したものとして、放送前からかなりの話題になっていました。

その主演を、若手俳優の菅田将輝くんが熱演しているのですが、その演技がうますぎて、

今までもどの演技をしてもうまい!と若手俳優の中で注目を浴びているようです。

 

スポンサードリンク


菅田将輝の過去の出演作は?

suda1

生年月日 1993年2月21日(22歳)
出生地 日本の旗 日本・大阪府箕面市
身長 176 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ、映画、CM
活動期間 2009年
事務所 トップコート

菅田将輝くんは、なんと2009年にデビューしたばかりの、今注目の若手俳優なんです!

出身は大阪府ということで、以前バラエティ番組のしゃべくり007でも、

そのままの方言を披露したりと、まだまだ茶目っ気たっぷりの男の子です。

 

気になる過去の出演作は、デビュー作の仮面ライダーWを筆頭に、

獣医ドリトルから、毎年ドラマに出ない年はないほど何かのドラマには必ず出演しています。

記憶に新しいのが35歳の高校生や、死神くんの悪魔役、問題のあるレストラン、NHKのごちそうさんにも出演していました。

 

それから映画でも、大人気シリーズとなった仮面ライダーWの映画化から、

高校デビューの田村役、共食いで主演、アニメから大人気となっていた男子高校生の日常のタダクニ、

陽だまりの彼女、闇金ウシジマくん、能年が主演の海月姫の蔵之介役など、まだまだあげたらキリがないですが。

 

どの作品も、演技にかなり定評がありとても絶賛されているのです!!

海月姫の蔵之介役は、原作が漫画にしては珍しいくらいイメージにぴったりでした!!

o0405072013102254931

09b8832f6402fbd289c113ccd8fbf5d0

女装役をやっても綺麗ですし、演技も本当に蔵之介のままでしたね!

菅田くんはちょっとコミカルな役をすることが多いような気もしますが、

シリアスな演技でも力を発揮できるので、ファンや制作サイドからはかなり評判が高いとされています。

 

今回のシンガーソングライターのさだまさしの若いころの役も、

昭和テイストになっているのですが、

その雰囲気がぴったりと話題のようです。

 

スポンサードリンク


 

ちゃんぽん食べたか1話のあらすじ

有名なシンガーソングライターのさだまさしさん。

楽曲は家族愛を対象とした人情劇のようなつくりの曲が多く、

ああこんな頑固なお父さんいたなぁとどこか懐かしいストーリー性のものもあり、

とてもいい曲ばかりなんです。

 

そんなさだまさしさんが、まだ音楽に目覚める前の話として1話は展開されていきました。

CGC5hvMUoAElEV8

もともとは、バイオリンでプロを目指していた佐野雅志くん。

一話では高校2年の役柄になっています。

バイオリン練習するもなかなか才能が認められない日々を送っていると、

ある日、ギターを弾き語り女を口説きたいと同級生樫山がやってきます。

 

そしてなんとその為に曲を佐田雅志が作ることになります!!

曲を作って樫山に提供するも、樫山は振られてしまうわけですが・・・。

そんな佐田雅志は落語研究会に誘われ、落語を披露しているところで、樫山が殴りこんできて、

一体なにが起きるの??というところで2話へつづきます。

 

もとは、バイオリンで音大に行きたいというところもとても驚きでした!!

これからが、佐田雅志の才能が開花されていくところなのでしょうね!!

 

主演の菅田将輝くんの演技にもぜひ注目です!!

 

 

 

Sponsored Links