ジョーウィルフリードツォンガの経歴と評価!サーブ動画は?

日本のテニス界の誇る錦織選手が対戦するジョー・ウィルフリード・ツォンガ選手について!

気になる今までの経歴と、周りのひとからの功績に対する評価を調べました。

とてもパワフルな選手だということで、注目を集めていますね!

 

スポンサードリンク


 

ツォンガの経歴

20150330-00010001-tennisd-000-view

ジョー・ウィルフリード・ツォンガ

国籍 フランス

■出身国/居住国 フランス/フランス
■生年月日 1985年4月17日
■性別 男
■利き腕 右利き
■身長 188 cm
■体重 91 kg
■プロ転向日 2004N
■昨年度最終ランキング 12

現在30歳で、身長が188センチもある超スペシャルボディの持ち主です。

プレースタイルもパワフルなことで知られているそうです。

ツォンガ選手特有の、パワフルで重いフォアハンド、ボールタッチ、

そしてかなり強力なサーブを武器としているようです!!

しかし、オフェンシブ・ベースライナーなのに、ネットプレーもとても上手なようですね。

サーブも強力で、他もパワーもあり、ネットプレーもありではどこを攻めたらいいのかわからない選手です。

 

しかし2012年の全豪オープンの4回戦で、じつは日本の錦織圭と対戦していて、

6-2, 2-6, 1-6, 6-3, 3-6 で錦織に敗れているのです。

しかし功績をまとめますと、

ATPツアーでシングルス11勝、ダブルス4勝

自己最高位ランキングはシングルス5位、ダブルス33位

2008年全豪オープンシングルス準優勝。

2011年ATPワールドツアー・ファイナル準優勝。

マスターズ1000優勝2回

2014年 ATPワールドツアー・マスターズ優勝。
2014年5月14日、BNLイタリア国際2回戦にて通算300勝達成

フランス人選手通算勝利数第10位となる

とても素晴らしい功績を残しているツォンガ選手。

おそらくかなりの強敵となる対戦相手に間違いなしでしょう!

 

気になる家族構成についてです。

まず、父親はコンゴ共和国から移住した元ハンドボール選手、

そして母親はフランス人の教師のようで、

はとこにはプロサッカー選手のシャルル・ヌゾクビアがいるそうです。

ハンドボールを父親がやっていたのに息子はジュニア時代からテニスだったんですね。

親からの影響でスポーツをやったりはしないものなのでしょうね!

そして母親は教師のようで、とてもしっかりとした家庭で育った印象があります。

 

ツォンガ選手は2004年からプロになったのですが、その直後から数多くの病気に悩まされていたそうです。

スポーツ選手として怪我は致命傷ともいえますよね・・・。

どんな様子だったかというと、まず2004年11月から2005年3月まで椎間板ヘルニアを患い、

2005年後半から2006年にかけては右肩・背中・腹部などの故障を抱えていたそうです!!

腰に、肩に、背中に腹部では、足以外はほぼ全滅だったということになります。

そして才能を発揮することなく、長年過ごしていたそうですね。

なんとももったいない話ですね。

 

スポンサードリンク


 

ツォンガ選手の評価は?

それ以降、出場をすれば数々の功績を残してきたツォンガ選手のことを、

“テニス界のモハメド・アリ”と呼ばれることがあるそうです!!

モハメド・アリとは、アメリカの元プロボクシング選手で、ヘビー級の元チャンピオンの人なんです。

リングを縦横無尽に動き回れる体のこなしだけでなく、

ジャブに右ストレートでカウンターを合わせる離れ業をやってのける

パンチのスピードも持っていたとして、史上最速とうたわれていたこともあるそうです!!

 

おそらく、ツォンガ選手も大きな体には到底考えられないスピードで動き、

パワフルな球を打ち返しスピードの速い球になることから由来されたのでは?と推測します!

 

確かに体が188センチもあれば、小柄な人のほうが早く動けるイメージですが、

ツォンガ選手は全て兼ね備えている選手ですから・・・。

モハメド・アリの功績に近いものもお持ちですし、そのあたりも由来に基づいていると感じます。

対戦相手としてはあまり当たりたくない選手ですね・・・。

 

また、今回かなりパワフルなサーブが予想されますので、

ファンのみなさんは動画で是非チェックをしてみてください!!

▪️関連記事▪️

ツォンガ選手のコーチは誰?彼女はいるの?

Sponsored Links