ぞっとする怖い話!本当にあった心霊体験談!ストーカー恐怖体験

ぞっとする怖い話!本当にあった心霊体験談!ストーカー恐怖体験

こんにちは話題マンデーです。

ぞっとする怖い話!本当にあった心霊体験談シリーズの回です。

みなさんは最近なにか恐怖体験をしましたか?

今回はストーカーにまつわる、 本当にあった心霊体験談になります。

 

スポンサードリンク


 

ストーカーの幽霊

私は、東京都に暮らすOLのさゆりです。

地元から引っ越してきて、もうすぐ2年になるのですが、最近困ったことがあります。

それは、ストーカーにつけられているということです。

私の住むマンションは駅から徒歩20分とわかりと歩く時間が長く、仕事が終わってから帰ると夜道を帰ることも多いのです。

それまでは、後ろをつけてこられている事は全く気が付きませんでした。

 

しかし、郵便ポストに入っていた手紙で気がついたです。

差出人の名前もなくて、「早くきがついてください。いつもそばにいます」のメッセージだけが書いてありました。

それを見たときは気味が悪くて、速攻捨てました。

 

しかし、そのあとすぐに勝手に部屋に入られたのです。

部屋に入られたことに気がついたときは、私が部屋に帰宅して、玄関の鍵を開けようとすると、なぜか扉のチェーンのロックがされていて気がついたのです。

 

普通、玄関のドアって鍵であけるところ以外に、部屋の中からかけるチェーンがあると思うのですが・・。

私は外から中に入るのに鍵をあけたわけで、内側に人がいないとチェーンはつけれないはずなんです。

そこで私は自分以外の誰かが私の部屋の中にいるということに気が付きました。

dw63qoJckwwwrLS_LRPVw_4

私はそれに気がつくと、恐怖で足が震えました。

今日は1人だし、このまま中に入っては危険だ・・そう思いました。

 

すると、中から声が聞こえました。

「おかえり、待ってたよ」

わたしはとにかく恐怖でしたが、犯人を逃すまいと思い部屋の前で扉を閉めたまますぐに警察に電話。

そして警察が駆けつけ、警察が部屋の中にいるうちに警察に中を確認してもらいました。

すると・・・おかしなことに、部屋には誰もいなかったのです。

 

警察官の人に「窓から逃げたとか、他の可能性は考えられますか?」

と聞かれましたが、それはありえないと答えました。

 

だって私の部屋はここの23階です。

 

ベッドの下や、風呂場、クローゼット、ありとあらゆる場所に犯人が隠れてないか警察が探しましたが見つかりませんでした。

 

「それでは、明日から警察のほうでもこの周辺をよく徘徊するようにはしますので、また何かあればすぐにご連絡ください」

「はい、わかりました」

 

スポンサードリンク


 

ストーカーの正体

 

その当日は、とにかく部屋にいるのがとても怖かったので、わたしは友人の家に泊まり続けました。

そして、アパートを解約する手続きを済ませました。

 

いよいよ、明日が引っ越しの日・・。

そんなときに、まさかのアパートにある重要な書類が必要になってしまったのです。

このときのわたしは、引っ越しでこの恐怖から抜け出せる!という安心感から、

少しストーカーに対して安易に考えていたのもあって、このときに1人でアパートに戻りました。

 

アパートに戻ったときは、やはりストーカーのことが頭をよぎりました。

だけど、書類だけとって、すぐに帰ればきっと大丈夫。

そう思っていました。

 

自転車や、ポストには何も異変もなく安心したわたしは、部屋のドアの鍵をあけて、ゆっくりと扉をあけました。

すると、中には異変がなかったため、わたしは久し振りに自分の部屋へ入り、必要な書類を探します。

ストーカーの恐怖からか、心臓がすごく高鳴っているのがわかりました。

どうか・・なにも・・ありませんように。

 

書類を見つけて、わたしは流れてくる汗を感じながら再び玄関のほうに向かいます。

すると・・・・恐れていたことがおきました。

 

なぜか、さっきまでしまっていたはずのトイレのドアがあいています。

わたしは思わず足が止まってしまい、時計の針の音しか聞こえない無音地帯にいるような気持ちになりました。

 

そして、

「おかえり」

という、この世の者ではないような恐ろしい声と共に、トイレから赤いワンピースの幽霊が出てきました。

わたしは悲鳴をあげて・・・そこからの意識がありません。

 

追伸です・・。

後日、わたしは病院のベッドに寝ていて、警察と家族の話では、わたしの叫び声を聞いた近所の人が警察に通報。

警察が駆けつけると、わたしは部屋で倒れていたそうで、そこにはもちろん私以外に誰もいなかったそうです。

そこで私は思い出したんです。

そういえば、私は昔すごく霊感が強かったことに。

大人になって忘れていましたが、よく私には幽霊がついてきてしまうことが多々あったのだと。

ストーカーにまつわる体験談はこちら

スポンサードリンク