おひとり様の独身OLにおすすめの少女漫画!おひとり様物語が凄い!

どうも〜お久しぶりに趣味のオタクねたぶっこんでいきます!

今回は、今ちまたで増えている「おひとりさま」向けの少女漫画をご紹介したいと思います。

男性も女性も主人公になっているお話なので、

少女漫画ですが是非チェックしてみてください!

 

スポンサードリンク


 

谷川史子のおひとり様物語が面白い!

90年代から数々の名作を残している少女漫画家の谷川史子さんが描いている、

「おひとり様物語」という作品が、まさにおひとり様にドンピシャの内容だった為ご紹介!

 

最近ちまたで「おひとり様」が増えていますよね。

おひとり様とは、彼氏や恋人がいない30代独身の女性のことを呼ぶそうなんですが、

現代では30代でも40代でも50代でも、さらには男性にも増えています!

昔のように結婚を義務のように考える風習は、現代ではないようにおもえますよね。

 

そんな谷川史子さんのおひとり様物語で、様々な主人公のおひとり様ライフが紹介されていくわけですが、これがかなり素敵なんです!

たとえば、30代で書店員を務めている主人公は、まさに典型的なおひとり様。

 

彼氏がいたこともあるけど、今はいない。

基本、人との付き合いは最低限。

職場の人に誘われても「用事が」と言っては断って直帰が基本。

そして、休日の前夜は、ワインに、チーズにクラッカーに、大好きな本を朝方まで読みふける。

翌朝は、ゆっくり起床して、ひとりで近所を散歩しながら、可愛いカフェでブランチ。

もちろんひとり。

img_11

それを書店員で同じく務める後輩の20代女子に「さみしい」と言われます。

 

おひとり様にとって「ひとりが寂しい」は愚問です(笑)

基本あまり人と付き合うことなく、「結婚したらひとりの時間がなくなるのが嫌だ」「自分のお金を自由に使えるほうがいい」という考えの人が多いのがおひとり様の特徴でもあるので、ひとりは逆に好きな人のほうが多いです!

むしろ、気を使わないしひとり最高!(笑)

そんなサブキャラも交えながらも、他にもおひとり様の充実ライフを綴っているのがこの作品なんです。

 

他にも、

まったくの恋愛なし!友人なし!というわけではなく、恋人や夫と別れてひとりになったというパターンも漫画では紹介しています。

それについてはとても切ないのですが、「しっかりとひとりになってもう一度自分を見つめ直そう」と強くなろうとする主人公に胸をうたれます。

ひとりは寂しいけど、それでも楽しく生活することはできる!そんなことを訴えている作品でもありますね。

 

スポンサードリンク


 

おひとり様の休日の過ごし方

menu_1

おひとり様に多いのは、「お金を自分にたっぷり使う!」生活を好むパターン!

結婚をしていると、どうしてもお金の使い道って制限されてしまうので、

これはまさにおひとり様ならではの生活ですよね。

・金夜は直帰して友達と「女子会」

・二次会はおしゃれなバーでカクテル

・休日の昼間は温泉巡りと岩盤浴

・ショッピングは週1は当たり前!

・自炊はたまに野菜などを健康のために作るくらいであとは外食がメイン

1e05698560a87c518067

おひとり様の第2のパターン「完全インドア派!」の過ごし方も楽しそう!

 

休日はショッピング?まず行かない、人混み苦手、疲れるから仕事以外で人に会いたくない。

食事は仕事帰りにスーパーかコンビニで買うか、適当に自炊する。

家での過ごし方は、1日中アニメ鑑賞、漫画。

たまに女子力をあげるために半身浴をする。

友達はあまり数はいないけど、似たような友達が多い。

 

おひとり様といってもただ恋人が欲しくない!という人もいますが、

基本的にはなんとなく「人間との関わり」に疲れを感じた人が多いのかな?と感じますよね。

 

結婚となると、他人と毎日一緒ですからね!

友人だって、みんないい部分ばかりじゃないですし、

大人になれば親からの「あんたそろそろいい人いないの?」の声が重たくも感じるし・・。

 

今は「婚活」なんて言葉もあるくらい、街にはとにかく結婚したい女子も増えているのが特徴。

その婚活の時期も過ぎ、もういっか〜とひとりの生活が楽しくなってきちゃったのがまさにおひとり様なのです。

若かりしき頃は、誰もが一度は猛烈にこの人と結婚したい!と思うこともある。

だけど、それも過ぎれば遅すぎた春も自分のための時間に使うのですよ(笑)

 

そんなわけで!これにてお開き!

おひとり様むけ独身OLに是非読んでいただきたい!

谷川史子先生のおひとり様物語を是非チェックですぞ〜!

この記事も読まれています
社会人が主人公の恋愛少女マンガ!OL女子必見!「東京アリス」

Sponsored Links