野口茂樹の年収(年俸)と現在の職業は?不妊治療で女の子を授かる!

元中日ドラゴンズのエースだった

野口茂樹さんが、人気番組「爆報THEフライデー」に出演するそうです。

今回は結婚した嫁(奥様)とともに、結婚後の不妊治療について語っています。

近年、不妊治療をして妊活の末に子供を授かったというのは珍しいことではなく、

芸能界でもいろんな方が挑戦し、妊娠され出産していますよね。

今回は、そんな野口茂樹さんに迫りたいと思います!

 

スポンサードリンク


 

野口茂樹の経歴と嫁について!

273b53c4

野口茂樹
出身地 :愛媛県東予市
生年月日 :1974年5月13日(42歳)
身長:179cm
体重 :88 kg
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り: 1992年 ドラフト3位
初出場 :1994年8月25日
最終出場 :2007年8月14日
愛媛県立丹原高等学校
中日ドラゴンズ (1993 – 2005)
読売ジャイアンツ (2006 – 2008)
三重スリーアローズ (2011)

 

 

野口茂樹さんといえば、元プロ野球選手で、投手としてご活躍された方です。

野球選手の多くの方がそうですが、

野口茂樹さんも中学生時代から野球で好成績を収め、

さらに野球の名門強豪校で活躍し、プロデビューという黄金の流れ。

 

どこの球団も、とくに「投手」はなんとしても欲しい人材で、

野口茂樹さんはプロ入り前から投手として有名だったので

1992年、ドラフトで中日ドラゴンズから指名され入団したわけです。

 

その後も大活躍されたわけですが、2011年に引退をされてます。

その後は、地元の愛知県常滑市に拠点を置いて活動している

NPO法人の社会人野球チーム「NPOルーキーズ」のコーチに就任されたそうです。

プロ時代は、球団の移籍や、怪我によるスランプなども経験をされた野口茂樹さんですが、

やはり引退してからも携わるということは、野球が大好きなんでしょうね!

 

引退したのがまだ30代なわけですから、人生も、仕事もこれからという時!

野口茂樹さんは引退後に、一般人の女性で保育士をしていた女性とご結婚

嫁を養っていくということも考えると、やっぱり元スポーツ選手でも仕事は大切です。

 
2014年に石黒体育施設に正社員として入社されて、現在は安定したお仕事をされているようですね。

奥さんは元保育士ということですが、保育士さんともなれば資格のあるお仕事ですので子供が生まれるまで続けられるし、産休だってバッチリもらえるところのほうが多いです。

夫婦の共働きには最適ですし、子育ても上手なら言うことなし!っていうぐらい素晴らしい女性と結婚されましたよね〜。

 

スポンサードリンク


 

不妊治療歴7年もかかった!

t-funin

そんな野口茂樹さんと、嫁である奥様ですが…

じつは7年も赤ちゃんができずに不妊治療をしていたそうです。

 

近年芸能界でも、一般人でも本当によく耳にするこの言葉。

不妊治療して妊活をした人は、今では珍しいことではないのです。

 

原因は?

今回、爆報THEフライデーでも詳しく放送されるそうですが、野口茂樹さん夫婦の不妊の原因は何だったのか?

たとえば、不妊の原因で最も多く当てはまるのが、「タイミング」が取れていない、排卵日を知らず予想がずれている…というもの。

妊娠に関する知識をまったく知らない人からすれば、いつが赤ちゃんができやすい日なのか?という知識さえ知らない人もいますよね。

 

しかし、不妊治療をしていくと、他にもたとえば女性側のおりものが少ない、着床がしにくい、ホルモンが足りていない、という理由であったり…。

男性側にも、精子の数が少ない(男性不妊)というケースも時々あるそうです。

 

また治療の方法も、最初は卵胞の大きさで排卵日を予想しタイミングをとるだけのタイミング法の他に、人工授精、体外受精、顕微授精と段階があります。

今では妊娠の高齢化が進み、体外受精までする治療が増えているそうですが、野口茂樹さん夫婦の場合まだ若いですし、原因が他にあったのかな?と感じます。

真相はいかに??

 

野口茂樹の年収(年俸)は?

不妊治療ってとにかくお金がかかります!

現在は、無事に女の子を授かり、ご出産したそうですが、

不妊治療を7年もしていたとなると相当な金額を不妊治療に費やしたのでは?と予想できます。

 

不妊治療にかかるお金は、体外受精に進めば1回の治療で30〜70万はざらに飛びます。

それを1度ではダメならば、もう1度したり、何度も繰り返すんです。

多い人で年間に300万くらいになる人もいるのが不妊治療です。

 

野口茂樹さんは、元プロ野球選手だけに貯金額はたくさんあったのでは?と思います。

中日ドラゴンズの現在の他の選手の年俸ランキンを見ても、

投手で年収(年俸)が1700万円〜2億円という人がいますね!

 

これだけ見ても、やっぱりプロ野球選手は一般人よりも多い年収であることがわかります。

しかし、現在の野口茂樹さんはすでに引退して一般の会社に勤めているわけですから、おそらく現在は通常のサラリーマンと同じくらいの年収かな?と推測できます。

もしも、選手時代の蓄えがあれば不妊治療でお金を治療費として出しても大変ではないかもしれませんが、もし貯金を使っていたら…一般家庭と同じように治療費を支払っていくのが、それなりに大変だったのでは?と思います!

それにしても、無事にお子さんを授かり本当によかったです!

今後も応援しています!

スポンサードリンク