ぞっとする怖い話!本当にあった心霊体験談!正夢の恐怖

話題マンデーオリジナル

ぞっとする怖い話!本当にあった心霊体験談シリーズです。

 

今回は、実際に起きた「正夢」の恐怖体験談です。

 

実際に見た「夢」が現実になってしまったという話なんです。

 

しかもその夢がすごく怖い心霊体験なので、聞いていて身震いしたのを覚えています。

それでは「正夢の恐怖」です。

 

どうぞ…。

 

スポンサードリンク


正夢の恐怖

lgf01a201305020700

私がこの夢をみたのは2年前のことです。

まさかその夢が1年後に現実になるなんて、この時は思ってもみませんでした。

 

私が2年前にその夢をみたときは、毎日連続で4日間その夢をみました。

 

夢って今まではその日にみたら、すぐに忘れてしまうし、毎日なにか夢をみたとしても全然違うものだったのですが、なぜかそのときには次の日には、前日の夢の続きをみるようになっていたんです。

 

それが当時はなんだか不気味で、毎晩眠る前に「またあの夢の続きだったらどうしよう」と思いながら眠ったのを覚えいます。

 

その夢の内容なんですが…ざっくりまとめるとこんな夢でした。

 

私はある日、友達になったばかりの1つ年上の女の子と一緒に大きいワゴン車に乗っていました。

その女の子は、リアルでは友達でもなく夢の中だけの人物でした。

 

なぜかその女の子とワゴン車に乗っていることが多かったのです。

しかし3日目に夢をみたときは、突然その女の子と会う場所が変わって、ワゴン車ではなく総合病院になっていました。

女の子は大怪我をしていて、生死をさまよっていたのです。

 

そしてその3日目の夢の中で、女の子は怪我が治らず亡くなってしまいました。

 

夢の中で泣き崩れる私でしたが…次の日の4日目に夢の続きをみたときには、今度は私は1人でワゴン車に乗っていました。

女の子はもう死んでしまったので当然ですよね…。

 

しかし、ふといつも女の子が座っていた隣のシートを見ると、そこに大きな血痕があったのです。

「ひっ……」

 

私はその血の跡に驚いて、思わず立ち上がります。

そしてようやく事態を飲み込みます。

 

「ああ…女の子はこのワゴン車で大怪我をして、亡くなったのか…」

一体何が起きたんだろう?

 

スポンサードリンク


後編

 

そんな夢をみてから1年くらいしてからのこと。

私に、とんでもないことが起きたのです。

 

ある日、私は親戚のおじさんのお見舞いにいくと、隣のベッドで女の子が寝ているのを見つけたんです。

その女の子こそが…まさかの私が夢でみていた女の子にそっくりだったのです。

 

それも、その女の子はおじさんの話では「強盗が車内に入ってきてに襲われて怪我をした」と言います。

それからしばらくして、その女の子は叔父がまだ生きている間にその病室で亡くなりました。

 

私の夢の何が正夢なのかというと…恐怖はこのあとに起こったんです。

ある日、夫が上機嫌で帰宅してきました。

 

「おい、聞いてくれよ!今日さ、知り合いから車もらってきちゃった!」

「え〜〜?車もらっちゃったって…なによ、タダじゃないんでしょう?」

「タダでくれたんだよ!」

 

その話を聞いて、信じられない!と驚いた私は、夫に連れられて外の駐車場に向かいます。

 

そしてそのもらってきたという車を見て…

思わず足が止まりました。

なんと、あの夢に出てきたワゴン車そっくりだったのです。

 

「すごいだろ?これタダで譲ってくれたんだぜ?」

 

おかしい……

こんなに綺麗なワゴン車をタダでくれるなんて…

絶対になにかあるのでは?

 

呑気に喜んで車を見ている夫の横を通り過ぎ、私は次の瞬間真っ先に後部座席のシートの確認に行きました。

ドキドキ…ドキドキと心拍数があがっていくのがわかります。

 

後部座席のシートを見ると

そこには

黒い血痕があったのです。

 

私は気が遠くなるのを感じながら、記憶を思い出そうとします。

 

私が2年前にみた夢…去年病院で見かけた女の子…ワゴン車。

どれも夢の中での出来事のはずなのに。

 

こんな偶然ってあるのでしょうか?

これが私が体験をした恐怖の正夢体験でした。

人生のワースト1位になるくらいの怖い体験でした。

スポンサードリンク

< <