比花知春(りゅうちぇるの姉)の結婚や熱愛彼氏!実家はどこ?歌声が可愛い!

シンガーソングライターの比花知春さんといえば

弟があのりゅうちぇるさんだということで話題ですよね!

 

歌もリリースされていて、いい曲をたくさん歌われているのでシンガーソングライターとしても注目を浴びています。

 

今回はそんな比花知春さんについて、

実家についてと、熱愛彼氏や結婚の噂など!

まとめていきたいと思います♩

 

スポンサードリンク


 

比花知春が可愛い!歌もうまいと話題!

2892x3477x56ef27f8dc58b0ef914a95

比嘉 千春(ひがちはる)
生年月日: 1982年7月12日
出身地 :沖縄県
職業: シンガーソングライター
作曲家
ラジオパーソナリティ
事務所: 株式会社 五次元

 

りゅうちぇるそっくりのクリクリの大きな瞳!

とても可愛らしくて、よく似た姉と弟ですよね〜。

 

現在34歳ということですが

比花知春さんが音楽の道を目指したのは

11歳のときのようです。

 

そのときから沖縄で有名なあの沖縄アクターズスクールに入学。

アクターズスクールといえばあのSPEEDや安室奈美恵さんたちを生み出した超名門の音楽ダンススクールですよね!

 

もともとギターもお好きだったそうですが、そこから作詞や作曲を手掛け沖縄で活動していたそうです。

りゅうちぇるさんと、姉の比花知春さんは実家が沖縄県にあり当時はまだ沖縄を拠点にされていたんですね。

 

のんびりとした高音の綺麗な歌声の比花知春さんですが、作っている楽曲がやはり沖縄を連想させるようなゆるやかな音楽です。

この曲調と歌声に癒される人も多く、ファンが最近では急増しているそうですよ!

 

顔もこれだけ可愛くて、歌もうまくて、曲も作れるなんて…!

完璧すぎる比花知春さんですが、「君を忘れない」という曲でソルトレーク五輪のテーマソングに起用されたこともあるのです!

りゅうちぇるさんよりも、じつはお姉さんのほうが芸能界で注目を浴びていたんですねぇ。

 

スポンサードリンク


 

結婚や熱愛彼氏の噂!


AS20150415004166_commL

そんなりゅうちぇるさんの姉、比花知春さんですが

これだけ可愛いのに現在の年齢は34歳!

 

全然34歳にみえませんので正直驚きましたが

熱愛彼氏の噂はとくに芸能界ではありませんでした。

 

そして現在は既に人妻でご結婚されていたみたいです!

「ええ!結婚してるの!?」

とショックをうける男性ファンも多いことでしょう(笑)

 

旦那様については公表されていないので

おそらく一般人男性だと思いますが

現在は結婚したため福岡県に住んでいるそうです。

 

実家の沖縄を離れ、福岡で音楽を続けているということですが、子供がいるのかどうかも気になりますよね。

現在、弟のりゅうちぇるさんと、嫁のぺこさんもタレントとして人気爆発中ですが、ご兄弟の仲もとてもいいそうです!

 

りゅうちぇるさんは東京を拠点にされているので、なかなか会えないことも多いのではと思いますが、共に芸能活動をしていると、相談にのったりお互いにし合えるのでとても良い関係ですよね。

 

比花知春の歌はこれだ!

弟のりゅうちぇるさんの波にのって、姉の比花知春さんも歌手として大ブレイク中!

ということで……。

楽曲をチェックしてみましょうね♩

 

君を忘れない ニッポン放送の「ソルトレイクシティ五輪」イメージソング

ゲームDVDソフトフォトブック「Teacaps」エンディングテーマ

NHK沖縄「太陽カンカン610」2002年4月度エンディングテーマ

小さな幸せ 「au」沖縄セルラー電話TVCMソング

テレビ東京系「ゲームWAVE」エンディングテーマ

花~大切な場所~ 沖縄ポッカ「TeaDa」CMソング

PEACE IN A BOTTLE 日本国連環境計画推薦曲

OUR DAYS 映画「ある夜のできごと」

 

映画やゲーム、そしてCMにまで起用されている曲もあるんですね〜!

今一番新しい曲は、「青い空の下でずっと」というもので、こちらも緩やかな癒しの曲調の歌です。

 

この新曲は、比花知春さんがある交通事故で亡くなった子たちを想って作った曲のようです。

歌を作るにあたって、比花知春さんの優しさが溢れる素晴らしい歌ですので、是非チェックしてみてくださいね♩

 

現在は歌手以外にもラジオでも活動中です。

KBCラジオで火曜日レギュラーで出演されているようです。

これからも、もっともっと活動の場が増えるように応援しています!

 

関連記事
りゅうちぇるのすっぴん画像がイケメン!ぺことの馴れ初めと結婚はいつ?!

スポンサードリンク

< <