村田諒太メイウェザー対パッキャオ戦判定評論!パッキャオ引退?

2日にアメリカのネバダ州ラスベガスで行われたボクシングの対戦のフロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオの「世紀の対決」が注目されていましたね。

それの結果に対し、採点方法に見直しが必要では?と評論したことに対してボクシングファンたちからプロボクシング選手の村田諒太がコメントでバッシングをうけているようです・・・。

今回の試合は大物同士の対戦なだけに、とても注目が集まりましたし、みなさんの目から今回の結果はどのようにうつりましたか?

村田諒太のコメントから、真相に迫りたいと思います。

スポンサードリンク


◾️自称ボクシングマニアの村田諒太

村田諒太といえば、ロンドンオリンピックでミドル級金メダリストの実力をもつプロボクサーです。

先日の1日にTKO勝利を果たし、プロデビュー7連勝、WBCミドル級7位となっていて、
話題になっていましたね。

今回は自身の予想としてはほぼ予想通りだったとしています。

やはり、判定をよく知るプロからするとみる視点が同じようですね!

「パッキャオはパンチのスピードもあったし、反応もよかった。4回に追い詰めた時には倒す雰囲気もあった。

それでも、あれ以上中に入れさせないメイウェザーの守備はさすがでした。

ポイントを取られた次の回はすぐにプレッシャーをかけて取り返してくる試合運びのうまさもある。

パッキャオは8回ぐらいから疲れたように見えたけれど、メイウェザーは最後まで動きが落ちなかった。

あのスタミナは練習量の裏付けがあるからだと思う」

と、 メイウェザーを正直に評価していました。

image

しかしそこで、正直なところ自身も予想したはずですが今回のメイウェザーの勝利に疑問があるようなのです。

その理由として、観客やファンからの評価が問題であるとしています。

・観客を沸かせたのはパッキャオだけ

確かに攻撃というか押しが強かったパッキャオの攻撃にはテレビで見ているかたも、観客からも声があがっていました。

・当たったかどうか分からないパンチを放つメイウェザーにポイントが流れた

・観客を沸かせなかったメイウェザーが勝った

このように今回の判定にはブーイングが多かったといいます。

村田諒太は今回の勝負について、「勝者メイウェザーだけのリング」だったとしています。

ボクシングの判定については観客の目に見えないポイントがとても多く、判定について見ている観客からすると誤解が生じることが非常に多いのが特徴です。

どのスポーツでも微妙な判定違いや、応援しているチームや選手が不利な判定を受けると、「この判定はおかしい!!」「審判はどこをみてるんだ!!」と怒りがとぶのもよくある話だとおもいます。

しかし、今回のメイウェザー対パキャオ戦に対し同じプロボクサーである村田諒太がその判定に異議し、

「採点方法を見直す時期に来ているのではないだろうか」

と発言してしまったことにボクシングファンからはバッシングがあったのです。

スポンサードリンク


◾️村田諒太に対してのネットからの反応

・そういうスポーツなんだろ
なら判定勝ちなんかやめてどちらかがKOするまで殴り会えば良い

・言ってることは納得できるが「お前が言うな。」と言いたい

・逃げずに殴り合えよって思うけど
ガチで殴り合って負けたらすべてを失うからな

・メイウェザー、アメリカでもケチョンケチョンに言われてるじゃん。
全く許されてないよ

・現役のボクサーが、あんな戦い方は認めないって言ってるよう発言は、いずれにしても問題です

・プロの価値を測る目安はやはり報酬だよ
つまりそういう面でもメイウェザー>パッキャオってこった!

・観客を沸かせ人が勝つなら亀田はある意味負けることはなさそうですね

・村田に同感です!!あの判定はおかしい・・。

スポーツ界の判定はとても厳しいものがありますが、今回は現役の金メダリストが判定について異議あり発言をしたとして、注目が集まってしまったんですね・・・。

image-2

◾️パッキャオの引退を村田は待った!!

今回の対戦直後、メイウェザーが試合前後に観客からかなりの大ブーイングを浴びていたことに対し、「いくら勝ってもお客さんの反応に出てしまう。僕も(判定勝ちだった)5、6戦目は『これでもいいかな』と思ったけど、お客さんを喜ばすことはできなかった」と、メイウェザーと自分を重ねて観戦していたようですね・・。

確かに、せっかく試合に勝ったのに自分が勝ったことを観客からブーイングがくるのは正直とても辛いことだと思います。

メイウェザーはアメリカでもバッシングを受けてしまっているようですし、大変な対戦だったのにとても気の毒ですね。

プロボクサーである以上は自身の満足度ではなく、観客を喜ばせることも大切だとされていますが、判定の勝利については戦ったボクサーのせいでは実際ないですし、確かに村田諒太さんのいうように、今の判定の仕方に問題があるのかもしれません。

村田諒太はメイウェザーの勝利を批判したというよりも、勝ってバッシングを受けていることに同情しているのだと感じました。

それにしても勝つことは光栄なことですし、胸を張ってほしいですけどね。

また、あと1戦で引退と公言しているメイウェザーの今後の活躍を期待すると共に、今回判定負けしてしまったパッキャオについては、「これが引退のタイミングといえるかもしれないけど、あれだけ動けたらやめる必要はないのかな」と評価しています。

あれだけ観客をわかせるいい試合をされたのだから、パッキャオの引退は絶対にもったいないですし、村田諒太も応援している様子が伺えますね。

難しい判定結果でしたが、みなさんはどう感じましたか?

プロの村田諒太からの視点が注目を浴びていますが、今後のボクシングの試合にまた注目していきたいですね。

Sponsored Links