ぞっとする怖い話!本当にあった心霊体験談!匂いがする友達

話題マンデーオリジナル

ぞっとする怖い話!

本当にあった心霊体験談のコーナーです。

 

霊感のある筆者がご紹介する、実際にあった本当の話です。

 

今回は、霊感のある女子高校生が体験した心霊体験談。

もしも、同じ体験をした人がいたら要注意。

 

「匂いがする友達」です。

 

スポンサードリンク


匂いがする友達

thumb5

〜某県に住む女子高校生の体験談〜

 

これは、私が高校2年生のときに体験した話です。

 

私は当時、2人の友達と一緒にいました。

そのうちの1人の友人であるAちゃんが、ある日突然、変な匂いがするようになりました。

 

もちろん、香水とかコロンのいい香りではなく、はっきり言うと…すごく生臭いのです。

 

何かがくさったような、そんな匂いでした。

その臭いがどうしても我慢できなかった私は、思わずもう1人の友人であるBに確認しました。

 

「ねえ、最近なんかさAちゃん、変な匂いしない?」

 

すると、Bは不思議そうな顔で首をかしげ、「全然しないよ」と言います。

 

その言葉が信じられないくらい、私にはこんなに強く強烈な匂いを感じるのに…。

 

正直鼻を押さえないと近くにいられないくらいの強い匂いなので、私やBじゃなくても他の教室の友達でも気がつくと思ったのですが…

だれもAちゃんの匂いについて、言っている話はききませんでした。

 

それから1週間以上が経ち、たまたま学校の女子トイレでAちゃんと2人きりになるときが…。

私は手を洗い、Aちゃんは髪の毛をとかしています。

 

すると、Aちゃんが鏡越しで私を見つめて言います。

「ねえ、最近なんか…変じゃない?あたし、なにかした?」

 

手の動きを止めて心配そうに見つめるAちゃん。

最近、匂いが我慢できず態度に出てしまっていたのかもしれません。

私は、今でも強烈な匂いがしているのですが、心配かけないようにしようと笑顔を作ります。

 

「全然普通だよ?なにもないから心配しないでよ〜」

「そうなの?じゃあ今日久しぶりに家に遊びにこない?」

 

オーバーなリアクションで笑ったつもりだったのに、Aちゃんは怪訝な顔をして私を見つめます。

その表情を見たら、断ることもできず、わたしはAちゃんの誘いのまま家に遊びにいくことになりました。

 

スポンサードリンク


後編

 

気が進まないままAちゃんの家に着き、Aちゃんの部屋に2人で入ると、Aちゃんはお菓子を持ってくるといって部屋を出ていきました。

 

私は、じつはそのとき、Aちゃんから匂いのする原因がなんとなく分かっていたのです。

私にしかこの臭いを感じることができないとすると…心霊現象が起きていると確信していたのです。

 

私は昔から霊感があり、Aちゃんの家に入ったとたんにすべての謎がとけました。

 

Aちゃんの自宅は2階建ての古い家なのですが、玄関をあがるとすぐに、知らない老婆の幽霊が横たわっているのです。

それだけでもぞっとしましたが、そのまま廊下を進んでいくと、和室があり、そこの奥にはヒモがぶら下がっていたのです。

 

もちろん・・・私が見えたものは、実際に他の人からもそう視えるというわけではありません。

 

私の持つ、霊感がそう私に見せたのです。

 

Aちゃんの匂いの原因は、おそらく幽霊に取り憑かれているのか、死期が近いのか…?

嫌な想像が頭を巡りました。

 

Aちゃんが部屋に戻ってきました。

黙って私に温かい緑茶と、おまんじゅうを出すAちゃん。

私は、意を決して恐る恐るAちゃんに言いました。

 

「あのね…ずっと言えなかったんだけど、Aちゃんから変な匂いがするの。何かが腐ったみたいな。それでね…信じてもらえないかもしれないんだけど、言うね」

 

「・・・・・・・うん」

 

「Aちゃんちに、おばあさんの幽霊がいるの。それも自分から亡くなった、あんまりよくない幽霊。もしかして、そのおばあさんの幽霊がAちゃんに何かしてるかもしれないの」

 

さっきみた老婆の幽霊の姿と、Aちゃんの匂い、それから今目の前にいるAちゃん。

 

私は今にも心臓が破裂しそうな勢いでしたが、黙ってテーブルの一点を見つめるAちゃんの返事を待ちました。

 

すると、驚くべき答えが返ってきたのです。

 

「…よく……わかったね」

 

そう言ったAちゃんの声は、いつものAちゃんものもではなく、私は震える足を踏ん張りすぐに立ち上がり、Aちゃんの家から一目散に逃げました。

 

その次の日の朝(夜だと怖かった)、私の母がAちゃんの自宅に電話をするとAちゃんがいつもどおりに在宅していました。

それから、強制的に家をお祓いしてもらうことになり、それからしばらくしてAちゃんからの変な匂いは消えたのです。

 

あとから聞いてみたら、Aちゃんは中古物件を購入したばかりで、あの家でたまに足音や、ギィギィという音が深夜に聞こえてくることもあったそうです。

スポンサードリンク

< <