【重要】切り抜き動画を作るために必要な環境を整える

はじめに

切り抜き動画をはじめて作る方に向けて分かるように解説します。

このページを参考にして環境を整えることができればすぐに切り抜き動画を作成することが出来ます!

また、効率よく切り抜き動画を作成していくために便利なものもご紹介します。

最低限必要なもの

  • 連絡先(切り抜きチャンネル用のメールアドレスもしくはTwitter)
  • PC
  • 動画編集ソフト
  • YouTube動画ダウンロードソフトもしくは画面録画ソフト

切り抜きを始める時は申請許可や最新情報の連絡を受け取るために連絡先が必要です。

メールアドレスはほぼ必須で、多くの切り抜き師さんはTwitterアカウントも持っています。

切り抜き動画を作る際はスマホではなく、大画面のPCがおすすめです。

PCの動画編集ソフトで編集することでスマホよりも効率的に切り抜き動画を作成できます。

YouTubeやTwitch、その他ライブ配信を切り抜く時は専用のソフトでダウンロードします。

ソフトによって画質や価格が異なるので自分に見合ったものを探しましょう。(有料のものは高機能)

あったら便利なもの

  • 画像編集ソフト
  • Vrew(自動字幕作成兼動画編集ソフト)
  • 切り抜きDB(データベース)
  • 商用利用可能な著作権フリー素材
  • 様々な種類のフォント
  • 作成した動画を保存するHDD

画像編集ソフトを使う理由は主にサムネイルの作成です。

魅力的なサムネイルは動画が1回でも多く再生させることにつながります。

Vrewは他の動画編集ソフトよりも優れた自動字幕作成機能を持っています。動画内の音声を認識し高精度な字幕を作成します。Vrewと他の動画編集ソフトを組み合わせることにより切り抜き作成にかける時間を圧倒的に減らすことが出来ます。

切り抜きDBはYouTubeのコメントにあるタイムラインを参考にして作られたデータベースサイトです。

このサイトを使うことで視聴者が選んだ名シーンを簡単に探すことが出来、動画を最初から見る必要がなくなります。

切り抜き動画に役立つ著作権フリー素材は画像やイラスト、音声、動画等たくさんあります。必ずしも商用利用が可能であるとは限らないのでダウンロードする時は利用規約を確認して使いましょう。

切り抜き動画自体を面白くさせるためにフォント選びも重要です。

フォントのデザインを動画にあったものにすることで「他の動画も見てみたい」と思われるような動画を作ることが出来ます。

投稿した動画が万が一削除されてしまった時にいつでも復元して再投稿できるようにHDDに保存しておくのがおすすめです。