YouTube以外の切り抜き動画投稿プラットフォームは?

はじめに

切り抜き動画を投稿できるのはYouTubeだけとは限りません。

YouTube以外で投稿できる人気のプラットフォームを4つご紹介します。

今回ご紹介するプラットフォームは切り抜き元のチャンネルのガイドラインによっては投稿禁止な場合があります。

そのため実際に投稿できるかどうかは切り抜き動画元のガイドラインをご確認ください。

YouTube以外の切り抜き動画投稿プラットフォーム4選

  • TikTok
  • Twitter
  • Twitch
  • ニコニコ動画

それぞれのサイトプラットフォームの違いを簡単にご紹介します。

TikTokについて

  • 10代〜20代の方に人気の動画投稿プラットフォーム。
  • YouTubeのShorts動画のような縦動画縦スクロールが魅力。
  • Shorts動画とは異なり好きな時間に巻き戻したり1分以上の動画を投稿したりできる。
  • 好きな楽曲を自由に使えたり字幕読み上げ機能を使うことで更に動画を面白くすることができる。
  • YouTubeよりもいいねやコメントが非常につきやすい。

Twitterについて

  • 年齢層を問わずユーザー数がかなり多い
  • 情報発信に優れたSNS
  • YouTubeの動画リンクを共有しTwitter上でYouTube動画を再生できる
  • リツイートやいいねで多くの人に拡散できる
  • 公式サイトや公式チャンネルもほぼ必ず使っているため最新情報も収集しやすい

Twitchについて

  • プロゲーマーやゲーム実況者に人気のプラットフォーム
  • YouTube配信以外のゲーム配信でよく切り抜かれている
  • お気に入りのシーンをみんなと共有できる
  • 投げ銭やサブスク機能がある
  • ゲームを開発する方も使っている

ニコニコ動画について

  • YouTubeの次に人気動画投稿、配信プラットフォーム
  • コメントが動画上に流れる画期的さが好評
  • 踊ってみたやボカロの歌ってみた動画などがよく投稿される
  • もこうや加藤純一など有名ゲーム実況者も愛用している
  • ファンがオリジナル動画を面白おかしく改良したMAD動画も定番

おわりに

今回ご紹介するSNSは以上の4つでしたがこの他にもインスタグラムやLINE等もあります。

切り抜きガイドラインに応じた上でうまくプラットフォームを活かしチャンネルを宣伝しましょう。